<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 医療事故調査制度とは(7) 医療法施行規則改正案公表 | main |

医療事故調査制度とは(8) 当該死亡の予期とは?

0
    永らく更新しないままで,申し訳ありませんでした。
    そうこうしているうちに,医療事故調査制度が開始され,「医療法施行規則」(以下単に「規則」と言います。)も確定しました。
    同規則を踏まえて,今回のテーマについて触れてみたいと思います。

    1 医療法第6条の10の「当該死亡」の予期

     医療事故として,調査の義務が生じるのは,予期しなかった死亡事故とされます。
     では,具体的な死亡につき,それは予期した死亡なのか,そうでないのかは,どのように判断すべきなのでしょうか。
     たとえば,癌患者が抗がん剤治療にもかかわらず死亡したという場合,それは予期した死亡なのでしょうか。前回あげた例,すなわち抗がん剤が適切な量でなかったために死亡した場合は,予期した死亡とは言えないでしょう。死亡の予期は,患者の現在の状況に応じて,通常行われる処置を踏まえて,なされるはずです。適量の抗がん剤を投与していれば,1年は生きられたという場合,あるいは,抗がん剤を投与しなければ,少なくとも1ヶ月は生きられたという場合には,そのような経過を踏まえた患者への説明やカルテ記載がなされると思います。
     
     したがって,当該死亡が癌の悪化ではなく,抗がん剤の過量投与による死亡の場合には,予期しなかった死亡事故と考えられます。他方,抗がん剤の投与という医療起因性も認められますから,調査対象となる「医療事故」と判断されます。

    2 医療法施行規則第1条の10の2「予期していた死亡 き◆き」

     この「予期しなかった死亡」かどうかの判断基準として,規則は次のような規定の仕方をしています。
     すなわち,次の)瑤廊△乏催する場合は,「予期していた死亡」と考えられるので,この,砲皚△砲盂催しない場合を「予期しなかった死亡」と判断するというのです。なお,例外的な場合としてに該当する場合にも「予期していた死亡」と扱うのですが,ごく限られた場面なので,説明を省きます。
      ‥該医療の提供前に,患者や家族に,当該死亡が予期されることを説明していた場合。
     ◆‥該医療の提供前に,診療録等に,当該死亡が予期されることを記録していた場合。
      当該医療の提供前に,当該医療従事者等が,当該死亡を予期していた場合。
     (理解しやすくするため,条文を要約しています。)

     要するに,当該死亡を,患者・家族に説明していたか又はカルテに記載していた場合には,予期していた死亡と考えるというものです。では,どのような説明があれば,当該死亡を説明したことになり,予期していた死亡と言えるのでしょうか。
     この点についての解釈指針が,厚労省医政局長通知の形で示されています。

    3 医政局長通知(医政発第0508第1号)

     医政局長通知によれば,,筬△乏催し,当該死亡を予期していたものと言えるためには,「一般的な死亡の可能性についての説明や記録ではなく,当該患者個人の臨床経過等を踏まえて,当該死亡又は死産が起こり得ることについての説明及び記録であることに留意すること。」という解釈が示されています。
     例えば,入院当初に,末期癌であり抗がん剤投与をしても死亡は避けられないとの説明をしただけでは,その後の死亡全てを説明したことにはならないのであって,抗がん剤の過量投与による死亡を説明したことにはなりません。抽象的な死亡の可能性の説明では,「当該死亡」の説明としては不十分であり,そのような不十分な説明では,予期していた死亡とは言えないという考えを示したものと言えます。

     さらに,医政局長通知は,患者等に対する説明に関して,当然とも言える注意喚起もしています。
     すなわち,「患者等に対し当該死亡又は死産が予期されていることを説明する際は,医療法第1条の4第2項の規定に基づき,適切な説明を行い,医療を受ける者の理解を得るよう努めなければならない。」との指摘です。
      

    4 「当該死亡」と死因

     上記のとおり,「当該死亡」の予期というのは,現に生じた死亡の経過を踏まえた「その」死亡が,予期したものか,予期しなかったものかという観点で判断する必要があります。
     しかし,「その死亡」といっても,すべての死亡について,何が原因で死亡したのかが一目瞭然とは限りません。そうしますと,医療提供前の臨床経過等を踏まえた死亡の可能性の説明が,「その死亡」の説明になっていたのか否かが,患者や家族はもちろん,医療機関管理者にも判然としない場合があると思います。
     こういった迷うケースについては,ひとまず調査のレールに乗せて,死因が判明した段階で,その後の方針を決定するようにして,出来るだけ報告・調査の間口は広くされるべきと思います。

     

    JUGEMテーマ:妊娠、医療問題
    シヨウセイ * 医療事故 * 12:49 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ