<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 医療事故調査制度とは(1) 調査の目的は? | main | 医療事故調査制度とは(3) 調査は誰がするのか? >>

医療事故調査制度とは(2) 調査の対象は?

0
    1 医療事故とは?

     医療法第6条の10第1項は,病院等の管理者に「医療事故」の報告義務を課していますが,では医療事故とは何でしょうか。
     同項では「医療事故」を次のとおり定めています(厳密にすると解りにくいので,簡略化しています)。
     ”賊‥が提供した医療に起因した死亡であること
     △修了猖瓦予期しなかったものとして厚生省令で定めるものであること
     (△蓮て本語的に難しいですよね。要するに,予期せぬ死亡か否かはより具体的に厚生省令で定めるということです。)

    2 医療に起因した死亡

     提供した医療に起因していることが必要ですから,例えば,交通事故で瀕死の状態の患者3名が,救急で搬送されてきて,病院が全員受け入れたのに,最後に診察された患者が何らの医療行為を受けないまま死亡した場合,「提供した医療」に起因した死亡と言えるのでしょうか。
     また,ベッドからの転落事故で死亡した場合,「提供した医療」に起因した死亡でしょうか。
     前者については,受け入れた後に,どのような判断で後回しにしたのか,その間どのような管理を行っていたのかが問題となりますが,注射,手術,投薬といった典型的な医療が施されていないとしても,経過観察という医療上の管理は「提供した医療」に含まれることになるでしょう。
     後者については,転落の理由が「医療」に含まれない単なる施設管理の問題であれば,調査対象とはなりません。

     さらに,問題が複雑になりますが,問題のある医療がA診療所で行われて,予期せず患者が重篤となったために,B病院に転送されて,さまざまな医療が提供されたけれど,1か月後に同病院で死亡した場合,これも医療事故というべきと思われますが,この場合,A診療所の管理者に報告,調査義務があるのでしょうか,それともB病院管理者にあるのでしょうか。 

    3 予期しなかった死亡

     この予期せぬ死亡という概念は,内包もそうですが,外延がとても曖昧です。
     例えば,誰が予期しなかったと考えるのか?
     病院管理者が死亡時点で振り返ってなのか,それとも,主治医なのか,それとも患者本人なのか。
     この点に関しては,現時点では結論が出ていません。
     また,ある手術に伴い一定確率で発生する合併症による死亡の場合,予期した死亡ということになるのか。
     この点に関しても,現時点で結論は出ていません。
     患者の視点からは,患者が,この時期にこんな形で死亡するとは考えられなかったものとすべきでしょう。

    4 過去の事故,未報告事故は?
     
     最後に,上記の「医療事故」の定義には入っていない点を指摘します。
     第1に,過去の医療事故は,調査の対象には含まれません。
     これは,医療法が,病院等管理者に報告義務,調査義務を新たに(平成27年10月1日から)課すという制度であるため,過去にさかのぼって義務を課すことはしていません。
     第2に,この調査制度は,病院等管理者が,「医療事故調査・支援センター」(以下単に「センター」と言います。)に対して医療事故であると報告した案件について調査する制度ですから,病院等管理者が上記「医療事故」に該当しないと判断し,「センター」に報告しなかった場合には,調査の対象になりません。ただ,このような場合に,遺族からは病院等管理者に対して,「医療事故」に該当するのではないかと申し入れるなどにより,病院等管理者が判断を変更して自発的に報告を行えば,以後,この調査制度にのることになります。
     要するに,遺族が「センター」に報告することによって,調査を開始させる制度設計ではないということです。

    JUGEMテーマ:妊娠、医療問題
    シヨウセイ * 医療事故 * 16:04 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ